• 生産品紹介
  • 当社の特長強み
  • 製造工程
  • 新しい可能性
  • JSilkコンセプト
  • シルクゲル
  • PhotoGallary
 
  松岡姫 最高級生糸  

  日本を代表する高級生糸の代名詞とも言える「松岡姫」は当社が製造しております。
日本では古来より、優良原蚕の三種のひとつが、「松岡姫」です。
細繊維度を誇り、しなやかさ、軽やかさが特徴です。汚れや不良が少なく最高品質のシルクです。
松岡姫
 
  ファインシルク    

  柔軟で軽く膨らみがありしわになりにくく染色性に富む
ファインシルク
     
  スーパーフラット    

  扁平光沢生糸で平らな断面で独自の光沢をもつシルク。
通常の生糸は、繭7~8粒で一本の糸が作られますが、スーパーフラットシルクは、10倍の70~80粒の繭から出る糸を一本にし、これを扁平にした生糸です。
本来丸みのある糸を、扁平にすることにより、織物になると見る角度により乱反射するため光沢が良くなる点、また、一本の糸の数が多いために染色の深みが出ること、軽さがあるなどが特長です。
【写真】画像左は普通の生糸、右がスーパーフラット
スーパーフラット
普通の生糸   スーパーフラット
   
  kibiso (キビソ) 製糸  

  蚕が繭を作る時、はじめにだす糸、キビソ。
「キビソ」には水溶性の蛋白質セリシンが豊富に含まれ、高い保湿力、紫外線吸収力、そして抗酸化作用があると言われ、スキンケアの成分としても利用されています。
kibisoは、鶴岡織物工業協同組合のブランドとして、産地から発信するプロジェクトとしてプロデュースしております。

(一部、http://kibiso.jp/ の記事より)
   
   
  J-SiLKとくらす
kibiso
     
  SILK2 伸縮性生糸  
 
  松岡機業株式会社が開発した絹100%のフィラメント系新素材で、従来品に無い伸縮弾性と捲縮性を具えています。
種類は2つあって、1つは潜在捲縮生糸(LC)と、他の一つは(LC)を精錬染色することによって捲縮が現れて、きめ細かな風合いのマルチクリンプ絹糸(VC)となります。


   
  特許 第3723949号 潜在倦縮性生糸の製造方法
SILK2